目指す仕事に就くために|接客スキルをアップできるアパレルの派遣業|収入アップも夢じゃない
ウーマン

接客スキルをアップできるアパレルの派遣業|収入アップも夢じゃない

目指す仕事に就くために

PCを操作する婦人

貿易事務はキャリアップできる仕事として人気の職種です。勤務先は輸出入に関する業務があるメーカーや商社のほかに、船会社や通関業者、海貨業者など多岐にわたります。勤務先の業務内容によっても仕事の内容は変わってきますが、輸出業務を担当する輸入業務を担当するかでも内容は異なります。規模の小さな企業などでは両方の業務を兼任するところもあります。海外取引を行う企業の増加に伴って、需要も増えている職種ではありますが、担当部署の全員が正社員であることは珍しいといえます。数名の正社員の元、派遣社員を雇用するところが多い傾向にあります。貿易事務は貿易に関する専門知識やスキルを求められるため、全くの未経験では採用は難しい側面があります。

貿易事務をするにあたって求められるのは貿易の専門知識だけではありません。英語力は必須ですが、ファックスやEメールでのやり取りが多く、書類作成などペーパーワークの占める割合が高いため、英会話力よりは読解力や英作能力が重要視されます。もちろん電話で連絡や確認などをすることもありますので、会話力がなくてもいいということではありません。また取引先でなく、社内の関連他部署との連絡や調整も重要な仕事です。そのため高いコミュニケーション能力や調整能力も求められます。パソコンスキルももちろん必要です。未経験で貿易事務を目指す場合は、英語力や事務スキルが高いことをアピールできればチャンスはあります。また未経験者は貿易実務検定を取得して、専門知識があることを証明できればいいでしょう。派遣社員での採用が多いので、未経験者は派遣社員で入って現場で経験を積むというのも一つの手です。